予備校の評判を確認する

どのような基準で予備校を選ぶ?

大学受験を目指すときに、多くの学生が予備校に通います。
たまに高校生や浪人生が独学で大学受験を目指すといっている人もいますが、まれに成功する人もいますが、大体は途中で挫折してしまうことがあります。
それは予備校に求めるのは、成績を上げていくために使うことのほかに精神的な支えやたくさんの情報を得るために利用していることにほかなりません。
ではどのような基準で予備校を選んでいったらいいのでしょうか?まずは自分が通える環境にあるかどうかをみることです。
高校生の場合、公立の場合は高校3年の夏ごろまで部活をやっているところもあります。
そうなると時間的に予備校にいく時間がないということになります。
その中でも、東進ハイスクールなどは映像をみて授業を受けるタイプですから、忙しい生徒にもうってつけということになります。
実際、わが子も部活をずっと続けていたので、東進ハイスクールを選びました。
映像ということで、はじめは見ているうちに寝てしまうのではないかとか、見ることで満足するだけなのではないかと不安に思っていたのですが、それは違いました。
というのも授業をうけたあとには必ず、テストがあるので、きちんと振り返りをしていくようです。
そのため自分が理解していないところもわかるのがよかったといっていました。

どのような基準で予備校を選ぶ?東進ハイスクールを選んだ理由どこを選ぶかによっても満足度が違う

予備校なら四谷学院 / 東進ハイスクール 静岡校 大学受験の予備校・塾|静岡県